SHUREの215を購入

愛用していたSHURE SE315の左側が壊れてしまいました、とても気に入っていたのでとても残念ではあるのですが、そのために書い直しをした、という話です。

自分はどうやら耳があまり強くない様で、元気な音のメーカーの物はiPhoneの最低音量に設定しても聴き疲れがひどく、30分程度で耳の奥が痛くなってしまうため、一時期イヤフォン沼に音質ではない理由でどっぷりと使ってしまって居たことがあります。

その頃にSONY、Ultimate Ears、Etymotic Research、Bose、SHUREなどのイヤフォンをそれぞれ数本ずつ色々購入して試したのですが、ERとSHURE以外のイヤフォンは合わなかった様で長時間の使用には耳が耐えませんでした。

そういった背景も有り、今回候補に上がったのはSHUREのSE215、今回壊れたSE315の1つ下のグレードの1つ下の製品で理由は下記の3つ。

1.SHUREの製品は耳栓としての能力が高く、イヤフォンを作業用のアイテムとして使っている自分にとっては非常に高評価である事。

2.実はSE215は過去に数年使っており、音が合わなくて気が散って作業効率が落ちてしまうのを防げる事。

3.前述の通り、非常にイヤフォンを選ぶ耳をしているため、安全なチョイスをしたかった事。

とはいえSE215を使うのは3年ぶり、もうすっかり音の印象を忘れて居たので楽しみに到着を待ちました。

オーディオファンの間では広く知られていますが、SHUREのイヤフォンはMMCXというイヤフォン本体とケーブル部分が独立していて、断線時などにリケーブルと言ってケーブル部を交換する事により、高級なイヤフォンの本体を長く使うことが出来る親切設計になっています。

今回はせっかくSE215とSE315の両機種が手元に揃うので聴き比べを行う事にしたのですが、ここでSE315の生きている右側と今回届いたSE215の左側を1本のケーブルに悪魔合体的に装着し、キメラを生み出すという真っ当なオーディオファンの方であれば卒倒しそうな、着想を得ました、自分の才能が怖い。

『コンゴトモヨロシク』

エージングも済んでいませんし、いわゆる試聴用の定番音源ではない物でテストしてみましたが、右と左から違う音色が聴こえてくるのは中々面白かったです。

215は音像は甘いものの高音と低音が元気で全体的に脚色された感じのある楽しめる感じの音、とは言っても一般的なメーカーに比べると味付けは薄めです。

315は音のバランスは良いし、音像も215よりは良いですが、位相が分かるとか、楽器の音が分離して聴こえる、というほどの印象はありません、そもそもそこまで大層な耳をしていない、というのもありますが、作業用イヤフォンなので、あまり音質が良いのもそちらに意識を持って行かれやすくなるので困り物、素直な音すぎてすこし物足りない印象を持つ方もいるかもしれませんが、個人的には非常に馴染む音質です。

自分用のメモとしてこのBlogを残しておきつつ、耳が弱い方のご参考になれば幸いです。

ハイレゾイヤフォンにも興味がないわけではないのですが、自分が好きな音源がほとんどハイレゾ化されていないので、そちらの本格的な検討はしばらく先になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください